夫が存命で妻がなくなった場合の受取先

遺族年金とは、国民年金や厚生年金そして共済年金などの公的年金の加入者の死亡により遺族が受け取る給付金です。例えば、被保険者が妻で死亡すると受取人として夫に給付されます。理由としては、遺族年金の受け取り手である配偶者が生存しているからです。この他の配偶者以外での対象者は、被保険者の子供です。

 
給付には条件があります。国民年金か厚生年金かで条件が異なります。被保険者が生計を主にしていた場合になります。すなわち主な収入の稼ぎ手である事が条件になります。その他に、厚生年金及び共済年金では受け取りが夫の場合には年齢条件があります。国民年金では受け取れません。子供がいる場合には、18歳未満が給付の対象になります。

 
厚生年金と共済年金では、年齢制限はありますが父母や祖父母そして孫も該当します。hadaare01_m

 
公的な遺族年金の給付でカバー出来ない対象者やお金を補うのが生命保険の目的です。理由としては、保険金の受け取りの対象者を加入者が自由に決定出来るからです。

 
被保険者が死亡後に生活に困らない様にするのも、生命保険に加入する理由になります。また、公的な遺族年金と異なり、給付金の受け取り手の年齢に制限がない事も、生命保険に加入をする理由になっています。