受け取れるケースについて

daietto-man01_l生命保険に加入する際には、事前に遺族年金の額を確認しておくべきです。基本的には国民年金から支給されますが、いざという時に残された家族が支給されないケースにならないために必要となります。そのためには、国から支給される遺族年金の補償の範囲を知らなければなりません。

 
国から支給される遺族年金には、遺族基礎年金と遺族厚生年金というものがあります。遺族基礎年金は国民年金から支給され、その対象は子供のいる妻か子供自身なので、夫と子供のいない妻は受け取ることが出来ません。

 
また、子供に関しては加入者の死亡時に18歳年度末か20歳未満で一定の障害があるか、という条件があります。そのため、それ以上の年齢の場合は受け取れませんし、その年齢に達した時点で支給は止まってしまいます。

 
遺族厚生年金は厚生年金から支給されるため、厚生年金に加入していない自営業の方などは受け取ることが出来ません。最も優先的に受け取れるのは配偶者と子で、父母、孫、祖父母という順で優先されます。

 
こうしてみると支給には意外と制限があるのがわかるため、賄いきれない部分は生命保険で補うことが必要となります。死亡したらいくら、という部分も大事ですが、その補償の範囲や対象などをきちんと理解することが最も大事だと言えます。