未分類

遺族年金とは、国民年金や厚生年金そして共済年金などの公的年金の加入者の死亡により遺族が受け取る給付金です。例えば、被保険者が妻で死亡すると受取人として夫に給付されます。理由としては、遺族年金の受け取り手である配偶者が生存しているからです。この他の配偶者以外での対象者は、被保険者の子供です。

 
給付には条件があります。国民年金か厚生年金かで条件が異なります。被保険者が生計を主にしていた場合になります。すなわち主な収入の稼ぎ手である事が条件になります。その他に、厚生年金及び共済年金では受け取りが夫の場合には年齢条件があります。国民年金では受け取れません。子供がいる場合には、18歳未満が給付の対象になります。

 
厚生年金と共済年金では、年齢制限はありますが父母や祖父母そして孫も該当します。hadaare01_m

 
公的な遺族年金の給付でカバー出来ない対象者やお金を補うのが生命保険の目的です。理由としては、保険金の受け取りの対象者を加入者が自由に決定出来るからです。

 
被保険者が死亡後に生活に困らない様にするのも、生命保険に加入する理由になります。また、公的な遺族年金と異なり、給付金の受け取り手の年齢に制限がない事も、生命保険に加入をする理由になっています。

遺族年金というのは、厚生年金または国民年金に加入している方に万が一のことが起こったとき、その遺族に支払われる公的年金制度の一つです。もちろん遺族年金があれば今後遺族が不自由なく生活していくことができる、というものではありません。しかし当面の生活の基盤となるお金であると言っても過言ではありません。

 
それでは実際に、遺族年金というのはどのくらい支払われるものなのでしょうか。受給額の目安というのは、まず第一に亡くなった方が厚生年金に加入しているのか、それとも国民年金に加入しているのかによっても大きく異なります。

diet03_l
例えば厚生年金に加入していた場合、平均標準報酬月額がおよそ30万円で妻一人子一人の遺族の場合には、年額でおよそ150万円という遺族年金を受け取ることができます。同じ条件で国民年金加入の場合ですと、年額およそ101万円という遺族年金が支給されます。

 
遺族年金というのは亡くなった方の平均標準報酬月額や、遺族の家族構成によって支給金額が大きく異なります。さまざまなパターンにおける支給額というのはサイト上で確認することができますので、一度調べておくと安心です。また、遺族年金がもらえるかどうかについても細かい規定がありますのでチェックしておく必要があります。

公的年金の被保険者が死亡すると、遺族年金が支払われます。

 
会社員が加入する厚生年金や、公務員が加入する共済年金では、被保険者が死亡した時に生計を維持されていた、配偶者及び子、父母、孫、祖父母の順で受給者が決定されます。一方、国民年金の場合は、被保険者に生計を維持されていたことが条件であることは同じですが、遺族の範囲は子のある配偶者又は子のみとなっていて、子どもがいない配偶者は受給出来ません。そして、配偶者が年金を受給している間は、子の年金は支給停止となってしまいます。

diet02_l
ここで、子とは、被保険者の子ならば誰でもよいというわけではなく、条件が決められて、それに合致しなければなりません。

 
まず、年齢が、18歳に到達する年度の末日(3月31日)を過ぎていなければ対象者になります。死亡時にまだ生まれていなくて胎児だった場合は、生まれてから対象者になります。年齢が18歳到達年度の末日を過ぎていても、障害等級1級又は2級の障害者であれば、20歳未満でいる間は対象者になります。

 
ただし、上記のいずれの場合も、婚姻をしている場合は、対象者からは外れてしまいます。

 
遺族年金の受給額は、配偶者、子のいずれの場合も、子の数が増えれば総額は増えますが、単純比例ではなく、3人以上の場合は増加率が少なくなります。

生命保険は、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもので一種の遺書のようなものになり受け取る対象が明確になっています。一方、遺族年金は2種類あり、1つは遺族基礎年金で、18歳未満(障害者は20歳未満)のいる配偶者か子どもに遺族基礎年金が支給されます。そして、もう一つは遺族厚生年金で厚生年金に加入中で亡くなった場合、その方によって生計を維持されていた遺族に遺族厚生年金が支給されます。

 
たとえば、家族が死亡した場合です。生命保険は、支払うことを約束しているので受け取る対象の年齢は関係ありません。そして、遺族厚生年金は家族の死亡により生活が困ることの無いように、配偶者・子・両親・祖父母の中の優先順位の高い人に支給されます。子のある配偶者又は子には、遺族基礎年金も併せて支給されます。また、30歳未満の子のない妻は5年間の有期給付となり、夫、父母、祖父母が受ける場合は、死亡時において55歳以上であることが条件となり、支給開始は60歳からです。このように、受け取る対象によって条件や給付金額が変わっていきます。

 
遺族年金は、障がい者手帳を保持している等の要素で条件が変わってくるので詳しい話は、役場にて話を聞いてみるのも良いです。diet01_l

daietto-man01_l生命保険に加入する際には、事前に遺族年金の額を確認しておくべきです。基本的には国民年金から支給されますが、いざという時に残された家族が支給されないケースにならないために必要となります。そのためには、国から支給される遺族年金の補償の範囲を知らなければなりません。

 
国から支給される遺族年金には、遺族基礎年金と遺族厚生年金というものがあります。遺族基礎年金は国民年金から支給され、その対象は子供のいる妻か子供自身なので、夫と子供のいない妻は受け取ることが出来ません。

 
また、子供に関しては加入者の死亡時に18歳年度末か20歳未満で一定の障害があるか、という条件があります。そのため、それ以上の年齢の場合は受け取れませんし、その年齢に達した時点で支給は止まってしまいます。

 
遺族厚生年金は厚生年金から支給されるため、厚生年金に加入していない自営業の方などは受け取ることが出来ません。最も優先的に受け取れるのは配偶者と子で、父母、孫、祖父母という順で優先されます。

 
こうしてみると支給には意外と制限があるのがわかるため、賄いきれない部分は生命保険で補うことが必要となります。死亡したらいくら、という部分も大事ですが、その補償の範囲や対象などをきちんと理解することが最も大事だと言えます。

biyou03_l

遺族年金とは被保険者が死亡した場合に遺族に支払われる年金です。国民年金法に規定する遺族基礎年金に関しては、子と子のいる配偶者が対象になります。この場合子は18歳になった後の最初の3月31日が経過していない状態である必要があります。つまり高校生の年齢までという事です。以前までは夫は対象者から除外されていました。しかし法改正により平成26年4月から夫も対象になりました。

 
厚生年金保険法に規定されている遺族厚生年金に関しては、対象者の範囲が広くなっています。具体的には遺族基礎年金の受給権者に加え、55歳以上の父母と祖父母も対象になります。また孫も子と同じように扱われます。遺族厚生年金の場合は対象となる人が多いばかりでなく、受給権を得る要件も比較的緩めになっています。そのため受給可能なケースが多く見られます。また受給権者には順位があり、複数の者が受給権を得る場合には最も高順位の者が受給権を獲得します。

 
これらの他に労災保険法に規定されている遺族補償年金があります。対象となる者は遺族厚生年金よりもさらに広がり、兄弟姉妹が加わります。遺族厚生年金と異なり転給という制度があります。これは最先順位者が受給権を失うと次に順位者が受給権を得るという制度です。

家族の生計を支える人が亡くなった場合、自営業者、会社員など日本国内に住む20歳から60歳未満の国民年金に加入するすべての人に遺族基礎年金が支給されます。

 
ただし受給出来る条件として、加入期間の3分の2以上の保険料免除期間を含む納付済期間があることと、死亡した月の2ヶ月前までの1年間に保険料の未納がないことが必要となります。

 
受給出来るのは、子供がいる配偶者か子供となります。子供の支給対象年齢は18歳になった年度の末日までです。biyou02_l

 
このように手厚い保障が家族に支払われる年金の特徴は、国による生命保険と言えますが、実際の支給額では金額が低く実情に合わないことから、上乗せ年金制度があり厚生年金や国民年金基金など加算される仕組みがあります。

 
例えば公務員や私立学校教職員を例にしますと、年金は国民年金に共済年金が加算されます。生計を支えていた方が亡くなった場合も同じように、遺族基礎年金に遺族共済年金が上乗せされ支給されます。

 
上乗せされる年金の支給要件も変わり、配偶者と子供だけに留まらず、父母、孫、祖父母まで順位に応じて支給されます。また、子が18歳の期日を超えたあと配偶者が40歳以上65歳未満、若しくは子がなくて40歳以上65歳未満の場合中高齢寡婦加算といった給付も受けられます。

biyou01_l生命保険は、世帯主に万が一のことが起こった場合のための保障です。家族のために働いていた世帯主が死亡し、突然収入がなくなり残された家族が路頭に迷わずその保障で生活できるように加入します。

 
また、遺族年金は世帯主が死亡した時に、残された家族に対して国から支給される給付金です。給付金は、妻と子が受け取ることができる遺族基礎年金と家族が受け取ることができる遺族厚生年金の2種類があります。受け取ることができる家族には優先順位があり、配偶者と子、父母、孫、祖父母の順になっています。子と孫については、18歳の年度末を越えると給付金を受け取る資格を失います。

 
世帯主の職業によって、加入している年金には違いがあります。また、給付される金額にも違いがあります。主に自営業者が加入する国民年金では、遺族基礎年金のみの給付となりますが、サラリーマンが加入する厚生年金では、両方の遺族年金をもらうことができます。

 
生命保険の死亡保障額を決める際には、まず、万が一の場合に国から必ず支給される遺族年金の金額を計算したうえで、保障金額を考えるのが得策です。死亡保障額を生活に見合った金額に設定することで、月々の保険料の支払いを節約することができます。

xf1925061796l

 

自営業者の場合は厚生年金の対象外であるため、公的年金は国民年金のみになります。自分が死亡した場合に、残された子や配偶者に対する保障は遺族基礎年金のみとなります。そのためそれ以上の補償を求める場合は、民間の生命保険に加入する事になります。

 
本人が死亡した場合に、子や配偶者が国民年金による補償を受けるには保険料納付要件を満たす必要があります。これは残された子や配偶者に関して判断されるものではなく、亡くなった者に関して判断されます。亡くなった者が生前にきちんと保険料を納めていたのかという事が重要になります。具体的は被保険者期間の3分の2以上が保険料納付済期である事が要件になります。亡くなった者に保険料免除期間や一部免除期間があった場合は、その期間に関しては保険料納付済期間として扱われます。そのため亡くなった人が極端に未納期間が多い人でなければ、遺族は補償を受けられる事になります。

 
この要件を満たして亡くなった場合には、遺族がきちんとした補償がなされる事になります。具体的な受給額は老齢基礎年金の満額よりも大きな金額になります。そのため残された配偶者が自らの収入と合わせると無理なく子供を育てながら生活する事ができます。